2019年にいまさら『PS2』購入記

PS5の発売が噂される昨今、新機種にはなんと旧式PS用ソフトとの後方互換機能がつくのではと期待されています。

そんな「今買うタイミングじゃないだろ!」と言われそうな中、PlayStation2(PS2)を購入しました。

 

理由としては

PS5がいつ発売されるか分からないし、発売まで待っていられない。
後方互換機能(特にPS2互換)が本当に搭載されるのか分からない。
お小遣い制なのでどうせ高くて買えない!

【追記】
PS5の発売は2020年の年末商戦の予定です。
〈参考:https://www.jp.playstation.com/blog/detail/9046/20191008-ps.html〉
互換性については、不明です。

などなどありますが、

 

『PS2のソフトがやりたくなってしまったからには買うしかない。』

 

購入方法は、まず両手を床に置き、奥さんに「折り入って、お願いがあります!!」と敬虔な面持ちでお小遣いアップ交渉をします。(実話)

という話ではなく、今回購入に当たって悩んだことや、購入した感想を書き残しておきます。

型番をどうするか

買うとなったときに、一番の問題が購入する型番をどうするか

ひとくちにPS2と言っても、型番を大まかに分類すると下記の5種類あり

SCPH-10000系、30000系、50000系、70000系、90000系

 

どれが良いのか、てんで分かりませんでした。

そこで、人に聞いたり @umaroid3

PS2 型番 おすすめ
検索

で検索してみると、最も新しい型番である90000系を勧めていました。

理由としては

後発機のほうが長持ち
性能が良い
型の古いものはディスクが読めない、またはディスクを痛める恐れがある

などがあり、どれも重要ですが、特に最後のポイントは致命的なので

90000系に決めました。

価格(中古)

PS2を”amazon”や”楽天”で探すと

安いもので4000円、箱入りで20000円程度と価格の幅は広いです。

 

SCPH-90000系に絞っても8000円~20000円程度であり、どれを買うべきか悩みます。

 

販売元の評価で比較したものの大差なく「状態が良く満足」というものから「不良品が送られてきた」というレビューがいずれもありました。

 

じゃあ「高いものを買っておけば安全だろう」と思いますが、どうせ五十歩百歩の中古品だから、

安いものを買おう
コントローラ、AVケーブル、電源プラグがついていることは絶対条件
箱は要らない
かつ商品の状態が「良い」になっているものということで

9580円のものを購入しました。

128MBのメモリーカードを購入。

併せて、10550円

ソフトは自分の中で今一番ホットな
『ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]』

ソフトも含めると16450円

なんとか、お小遣い性のお父さんにも現実的な価格に収まりました!!

PS2開封

届いたのは、小さなダンボール(A4用紙よりも小さい!)

これ本当にPS2?

中を開けてみると緩衝材(プチプチ)で梱包されたPS2が

梱包は外してあります

状態

やはり多少傷や汚れがありますが、レビューを読んで想定していたよりも状態の良いものでした。


本体および付属品


コントローラー

一番驚いたのがPS2の小ささ!

  • PS3と比較

  • PS4と比較

俺の知っているPS2と違う…

昔持っていたPS2は初期の型だったため、サイズが全然違いました。

最終型はここまでコンパクトになっていたんですね…

起動

最高に胸が高鳴る瞬間!

正直ワクワクよりも正常に動作するかヒヤヒヤしていました(笑)

小型テレビに映し出されるPlayStation2のロゴ」いいですね~

  • ディスクの読み込み:問題なし
  • コントローラー:じゃっかん、鈍い?、いやPS3やPS4に慣れているからそう感じるだけか?不良品とは感じないので、許容範囲

どうやら「動作不良はなさそう?」ということで一安心しました。

ただし、長時間の使用で壊れるということがあり得るので、そのへんは実際に遊んでみてですね。


PS2の全盛期、PS2は兄のものだったため、やるように勧められたソフトしか遊ぶことができませんでした

これから青春時代にやり損なったソフトを遊んでいきたいと思います。

まずは、『ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]』から!

トップへ戻る