【ストリートファイターV】さくらの負け日記~24日目~vs.メナト

この記事は約6分で読めます。

~負け日記24日目~

負け日記でいつも対戦相手への不平不満ばかり言っており、アマゾンレビューで配達が遅いという理由で低評価を付ける評価者のごとき傍若無人っぷりで、読者のみなさまに不快な思いをさせているのではないかと反省しております。

今後は、己の未熟さを真摯に認め、「なに同じ攻撃くらい続けとんじゃ!お前に使われているさくらが泣いてるぞ!」と言い聞かせて、前向き(?)に取り組んでいきます!

今回のお相手はメナトです。

メナト vol.2

見事な固め連携でガッチガチに固められて、ずっとひざまずいていたら、死んでいました。

固め連携

お相手が使ってきた固め連携がこちらです。

弱スフィア設置>しゃがみ中キック*1 or しゃがみ強キック
*1>スフィア引き寄せ>投げ

パターン1.
しゃがみ中キック>スフィア引き寄せ>投げ

パターン2.
しゃがみ強キック

スフィアが側に設置されており怖くて動けないところを、下段で足元をすくってきます。

下段攻撃をガードしたとしても、スフィア引き寄せをガードさせて、メナト側がフレーム有利の状況から投げてくるためずっと動けない

投げをくらったら、またスフィアを設置されて固めが継続します。

 

さて、これをどうしたものでしょうか。トレモにこもって考えてみました。

[対策1]しゃがみ強キックをガードしたら確反とりたい

しゃがみ強キックの確反は基本。とみなさんおっしゃるかも知れません…

でも、いつも思うのが、キャラが多すぎてしゃがみ強キックされているのかわからない問題があります。特にあまり対戦しないメナトなどのキャラは、そもそも何の技を食らっているのか分からないので、難しいんですよね。

しゃがみ強キックに確反とれる人は尊敬

[対策2]スフィアをすかす

[追記]弱ソウルスフィア・アンクに対して前ジャンプで跳ぶとメナトの対空が間に合うので、メナトの思うツボです。絶対に跳んではいけません!

まず思いつくのが、スフィアを引き寄せるタイミングで、前ジャンプで飛びかかる。ただ、問題点は、困ったら前ジャンプという行動パターンは読まれやすいこと。スフィアを引き寄せずに待たれると怖いです。

今回のお相手もめちゃくちゃ対空で落としてきました

他の手段としては、スフィアを下に設置する弱ソウルスフィアは低空を移動しているときは、さくらの弱春風脚や強春風脚ですかすことができます。

強春風脚はさくら使いは身にしみてわかっているでしょう。発生がかなり遅いので、弱スフィア設置と噛み合わせるなら使えるかも知れませんが、スフィア引き寄せの対策としては使えなさそう。

それに比べ弱春風脚は、発生が早く下段攻撃もすかせるので、今回の攻撃パターンへの対処としては使えるような気がしました。

ネタとして、さくらのVスキルⅠ「春風」も弱スフィアすかしに使えますが、まぁ、モーションが長いから、一発芸ですね。

僕は一発芸どころか1ラウンドに1回は春風でふわりと飛んじゃいます。

そして、落とされます

[対策3]足元をすくいにきたところを、立ち弱キックで牽制

この固めに対して、色々暴れてみました。

ついつい、しゃがみ中キックしたくなるところですが、発生が遅く負けてしまいます。

結果としては、伝家の宝刀立ち弱キックが一番、足を伸ばしてきたところを潰しやすく感じました。

届くか届かないかの間合いであれば、中咲桜拳を仕込むと良さげですね。

今回の固めのパターンに限らず、僕はメナトの中距離攻撃に何もできないので、長いリーチと発生の早さを持つ立ち弱キックを振り回すのが、メナト戦には結構大事かなと思ったり。

[対策4]投げを垂直ジャンプでかわす

投げ間合いで不利フレーム負う状況になったら、もうかわすしかない!!

とりあえずジャンプしとけば投げはくらわないので、跳ねて逃げるのも大事ですね。ただ、垂直ジャンプでかわしたあと攻撃しても、相手のガードが間に合うので、僕はあまりやっていません。

とはいえ、相手の投げ放題になっているので、それよりはマシでしょうか…

[対策5]EX咲桜拳ぶっぱ

もちろんガードされたら死亡

その他

黒犬の審判 (3中K)はガードして有利

ズサーッ

メナトがまぁまぁやってくる攻撃。

注意;11~35F頭上弾無敵

ド先端でガードすると、0Fですが、先端当てであればほぼメナト側-1Fでした。ガード後は、メナト側が至近距離にいるので、先端をガードしたときは、

立ち弱パンチ>立ち弱キック>(ヒット時)中咲桜拳が良いかと思いました。

食い込み気味にガードすると、メナト側が最大-10Fとなります。

見極めとしては、メナトの靴がさくらの靴より奥に食い込んだら、-5F以上なので、中パンチが確定します。

 

カーメンキックはさくらの膝より上でガードすれば、五分以上

メナトの十八番。カーメンキックからの投げ。

ガードしたら絶対不利なのかと思っていたらそうでもありませんでした。

調べたところ、さくらの膝を目安にして、ガード位置が膝より上でさくら有利、膝より下でメナト有利という感じ。

ということで、上目にガードした場合はさくら有利なので、逆にお仕置きが可能です。

相手は投げを押してると思うので、弱攻撃始動コンボが良いでしょうか。

さらに発見したこととして、高め(さくらの胸ぐらい)で当たった場合、仮にヒットしたとしても、さくらが大幅有利なので、中パンチ始動コンボが確定します。

肉を切らせて骨を断つ作戦で、カーメンキック見て前歩きして、あえて食らって大ダメージをとりにいくのもありかも知れません。

ま、僕の反応速度では無理ですけど

注意は、あまり高めで中パンチを当てると、相手が空ぐらいになるので、コンボがスカることがあります。

対空で落とすならしゃがみ強パンチ。

 

ジャンプ強キックに注意

横に長く、思わぬ距離から当たるので、飛び出し注意。

メナト側はとりあえずの垂直ジャンプから、こちらのジャンプや動いたところをズドン。

スフィアが嫌なので、一気に近づきたいこちらの思惑を一蹴されます。

メナト相手は慎重な立ち回りが要求されますね…

 

課題としては、安易な垂直ジャンプをちゃんと中咲桜拳で落とせるようになりたい

 

~今日の日記は以上です。お読みいただきありがとうございました。~


【動画】


【25日目】

【ストリートファイターV】さくらの負け日記~25日目~vs.豪鬼&ガイル
~負け日記25日目~ ランクマでLPが上がったり下がったりしながら、最終的に3500台に落ち着くという日々を繰り返しています。 一応ギリギリウルシルの実力はあるのかな~とホッとする気持ちもありますが、ゴールドに行くには実...
トップへ戻る