松永伸司

ゲーム記事

「プレイ・マターズ」を読んで-遊び観・ゲーム観を変える一冊

あなたの遊び観、ゲーム観が間違いなく変わる一冊 ミゲル・シカール『プレイ・マターズ』 なお邦訳は「ビデオゲームの美学」の著者、松永伸司です! 「ゲームは遊びか芸術かスポーツか」 という問いを投げかけたとき、 「ゲームは遊び...
ゲーム記事

「ビデオゲームの美学」を読んで-ゲームの概念を変える一冊

松永伸司『ビデオゲームの美学』のレビュー。ゲームは趣味にするに値する、ゲームは哲学するに値する。本書はゲームの芸術性を学術的な根拠に基づいて明らかにしています。ゲームが趣味という方、趣味にしたいけど世間体からできないという方に必読のゲーマーのバイブルです。
トップへ戻る