【ストリートファイターV】さくらの負け日記~2日目~vs.バイソン&ベガ

この記事は約4分で読めます。

~負け日記2日目~

2日目とありますが、日付はプレイ何日目かではなく、何回目の負け日記かを表しています

今日の対戦はバイソンとベガです。

※日記の情報源は、streetfighter5初心者攻略wikiとSFVノートです。アップデート(CE202203)の内容が反映されているかは未確認なので、情報が誤っている可能性があります。

バイソン

1ラウンド目はこちらが上手く立ち回って勝てましたが、2ラウンド目から形勢逆転されKO

嫌だった技ベスト1

ダッシュストレート

よく動画でダッストダッスト言ってるやつはこれみたいですね

1ラウンド目は距離を起きつつ、ダッシュストレートのスカリをさくらの大キックで差し返せていましたが、2ラウンド目は相手も距離を測るようになってきたので、防戦気味に。

対戦中は、「突進技なのに反撃できない技なんてずるい!!」と思いこんでいましたが、性能を調べてみると、弱・中・強いずれもガードで-4Fの技ということが判明!

先端で当てられると反撃できないようですが、めり込み気味にガードした場合は、反確でさくらの弱キック>咲桜いけますね!

ガードされていたのは、僕の入力が遅かったのかな?

ただし、EX版はガードで+1F、VS2版は+4F←これは危険!

タメ入力なので、後ろに下がったら、注意すれば良さそう。
あとは、垂直ジャンプでいらっしゃいしてジャンプからのコンボを決めるのも良さそうです。

嫌だった技ベスト2

ダッシュグランドブロー

ダッシュストレートと織り交ぜながら撃ってくる下段攻撃。

ダッストを避けるつもりで、後ろ入力をしていると、足元をすくわれます

ガードすれば、弱・中・強いずれも-7Fらしいので、ぜひともガードして中パンチ>振り子コンボを入れてやりたい!

ただ、足元を気にしすぎて、足を止めていると相手の思うツボなので、突進の始動を見て、しゃがみガードすれば良いのでしょうか?見てからガードできるのかな?次回の課題ですね。

別に嫌でもなかったけど気になった技

KKB

波動拳を撃つと、クルッと翻して弾を抜けて攻撃してきます。

…が、ダッストを警戒して、離れているため、反撃をもらうこともありませんでした。

ただ、さくらの波動拳は発生が遅いので、上手い人なら、前動作見てからやってきそうで怖い。

KKBからは2種類に派生し、中段技もあるらしいので要注意φ(..)メモメモ

まとめ

  • ダッシュストレート/グラインドブローは反撃可能
  • ダッシュ見たらグラインドブローを警戒してしゃがむ

ベガ

ベガ嫌い

嫌だった技というか全部嫌い

ベガが嫌いな理由その1

しゃがみ強キック

はい、開幕出ました

ご覧ください、ベガの入力を。コントローラーカチカチうるさいって隣の部屋から苦情来てませんか?

下段攻撃に突進ついてるとか本当に、なんなのでしょう。
さくらなんて決死の覚悟で相手の間合いに入って下段中キックを当てに行くのに…

ここで、見てわかったことがひとつ

これ、ガードすると-7Fでした。

ということは、反確で中パンチいけますね!知らなかったーー

ブロンズ帯のベガはこれをガンガン当てこすってくるので、これは大事!

ベガが嫌いな理由その2

ダブルニープレス

間合い広すぎ、ふざけすぎ

壁際に追い込まれて、いつこれが飛んでくるかわからないので、怖くて動けない。
こっちの反撃出来ない距離からこれ連打されてるだけで100%負ける。

弱入力で-4Fですが、ベガがバックして間合いが切れているので反撃できないような…

どの辺がニーなのか教えて欲しいくらい、女性大生のボディを足で踏みつけてきます

中・強も-3F、-2Fでバックすることを考えると反撃できなさそうですね。

ベガ相手に中距離にいるだけで不利。対策は垂直ジャンプ?

ベガが嫌いな理由その3

前ダッシュ

いきなり消えるから怖い

このびっくり効果で思考停止状態になる私は初心者です。

調べてびっくり、実はダッシュに無敵時間があるらしい

攻撃技じゃなくて移動動作が厄介って、ボスだから許されるの!?
SFVは社会の不平等まで忠実に再現してるの?

とりあえず、ダッシュ見たら、しゃがみ遅らせグラップで鉄壁の守りに入るしかない…

まとめ

  • しゃがみ強キックをガードしたら中パンチで返す
  • ダブルニープレスは対策不明(とりあえず、弱キックで蹴り返しておく?)
  • 前ダッシュきたら、しゃがみ遅らせグラップ

【動画】

バイソン

ベガ


【3日目】

【ストリートファイターV】さくらの負け日記~3日目~vs.かりん&ポイズン
~負け日記3日目~ 今日の試合は、かりんとポイズンです! かりん ウルトラブロンズのかりんということで、同格の相手でした。 ほぼ互角の戦いだったのですが、2セット連取されたので、もう一歩およばず。 かり...
トップへ戻る