【ストリートファイターV】さくらの負け日記~20日目~vs.バイソン&G

この記事は約7分で読めます。

~負け日記20日目~

負け日記20日目を記念して、さくら使いの師匠(白肌さん)のtwitchチャンネルを紹介します!

師匠は、Sameno Cup(毎月参加している初級者大会)に出場しておられたところを僕が弟子入りをお願いし、これまで指導を仰いできました。

全然上手くなれず、ブロンズの永住権を市役所に申請しにいく寸前だった僕がスーパーシルバーまで上がれたのも師匠のアドバイスがあったからこそ

現在白肌さんはスーパープラチナにおられます!

やっぱり僕のさくらと全然動きが違うな―と感じつつ、いつかはこんな風になれたら良いなーとプレイを見て学んでいます。きっと皆さんの参考になると思います!

Twitch
Twitch is the world's leading video platform and community for gamers.

バイソン vol.2

バイソンが苦手でさくらの顔がパンパンに腫れ上がるくらい負けまくっています。

ブロンズ帯だと、ジャンプぴょんぴょんで行けましたが、シルバーになってくると相手の攻撃をちゃんと見れないと勝てませんね。

気をつけたい技1:ダッシュストレート

兎にも角にもこれ

急に前に出てくるので、反応できません。

ダッストとダッシュグランドブローが怖いので、とりあえず中距離でしゃがみガードしますが、問題点は反撃できていないこと。

ガードしてこちらが+4Fなので、弱キック>中咲桜拳を入れなければ。

注意点は、先端当てだとバイソン側の不利フレームが減少し、ド先端だとバイソン側が-1Fなので、ダッストの深さを見る必要があります。

トレモ検証したところ、入力強度によってガードバックが違うので、それぞれ覚える必要がありました。

目安として、

弱版は、バイソンの拳がさくらの頭を貫通したら、弱キックが届きます。
中・強版は、バイソンの拳がさくらの頭に届いたら、弱キックが届きます。

弱版は反撃しずらいので厄介ですね。今回のお相手も弱版ばかり使ってきました。

強度の見極めは、弱版の届かない長距離からダッストが来たら、中・強版だなとわかる…かも知れません。

僕には無理

今回の対戦で、弱キックでダッストを偶然止めたシーンがいくつかあったので、牽制として弱キックを置いておくのは良いかも知れません。できれば、中咲桜拳を仕込みたいけれど、瞬時の昇竜入力が安定しない

あと、読んで垂直ジャンプはタイミングが合えば美味しいですが、こちらのジャンプを見て合わせてくる場合にはむしろ格好の餌食にされてしまうので、なかなか難しいことが分かってきました。

気をつけたい技2:VスキルⅡ「FFB」

「止めてみやがれ!」のやつ

FFBをしたあとは、ダッストが強化。

上のシーンのように、ガードしてもこちらが+2Fで反確じゃなくなり、本当に止められなくなります。

ただでさえ厄介なのに反撃できなくなると、1発やり過ごすしかないのか…

反省点:EXダッシュグランドブローは反確じゃない

通常のダッシュグランドブローをガードしたときの感覚で、「反確なんでしょ?」と強気に攻撃したら、バンバン狩られました。

と言っても、バイソン側が-2Fなのでちゃんと最速暴れしていれば負けることはないはずなんですけどね

EXゲージが溜まったらこの技を使ってくることが多いので、今度から相手のゲージをよく見よう。

反確技1:ストンピングコンボの2段目をガードしたら、バイソン側が-7F

しゃがみ中キック中にしゃがみ中キックを入力すると出るタゲコンです。

「タゲコンって何だよ!新種のコントローラーかよ!」と勝手気ままに腹を立てていましたが、”決まった順番でコマンドを入力すると特殊な技が出るよ”ってことですね。

格ゲー初心者丸出し

これもバイソンがよく使ってきます。おそらく下段技だから足元をすくいに来てるのでしょう。

ガードするとあら嬉しい、至近距離でバイソン側が-7F。

中パンチからのお仕置きが確定します。

モーションもわかりやすいので確実に反撃したいですね。

反確技2:アンダーインパクトの3段目をガードしたら、バイソン側が-8F

弱キック>中キック>強キックのタゲコンです。また、タゲコンです。

-8Fなので、これも中パンチでお仕置き決定。

ただし、3段目のパンチが通常の強キックのモーションと同じなので、見極めが必要です。

アンダーインパクトは攻撃がポンポンポンと早く繋がるので、3発連続で技が出たらアンダーインパクトだなと思いましょう。

でも、こんなリスクの高い技をぶんぶん振ってくることはまずないような気がしますね。

まとめ

  • ダッシュストレートはさくらの頭のめり込みを見て、弱キック>中咲桜拳
  • 止めてみやがれ!のあとは、ダッストが反確じゃなくなる
  • ストンピングコンボ、アンダーインパクトはガードしたら中パンチコンボ

G

Gと対戦したのは、ほぼ初めてで終始「わからん!」を連呼していました。

シルバー帯だと使われるキャラがかなり偏っているので、対戦していないキャラがまだまだいますね。

ところで、世界大統領って何??

学び:G・チャージ

なんか、いちいちチャージしてるけど何これ?

調べたところ、GはG・チャージをすると必殺技が強化されるようです。

チャージのレベルは3段階あって、チャージするとVゲージの横にあるプレジデントゲージ(地球みたいなやつ)が光ります。Lv.2は光る、Lv.3は後光が刺します。

ダウンすると、シュンと音がします。

困ったことに、チャージはGがダウンしないと下がらないため、しっかりダウンをとることを心がけたい。

嫌だった技1:G・バースト

足元に撃ってくる飛び道具

まぁ、この技だからというより飛び道具って嫌ですよね。

 

Lv.1であればこの技は弱く、ガードしてG側が-11Fとかなり不利。弱キック>中咲桜拳で反撃できますし、中咲桜拳単独でも反確が決まります。

ところが、レベルが上がると強化され、Lv.2以上になると、ヒットバックするため反撃が届かなくなります。

さらにLv.3の強版は、地面に当たってから反射するので、性能的にも精神的にもかなり嫌。

嫌だった技2:G・スマッシュ・アンダー

突進下段攻撃

まぁ、よくこすってきました。

バイソンのダッシュグランドブローみたいもんですね。

フレーム差も同様にガードすると、G側がLv.1・2で-6F、Lv.3で-8Fと反確です。

 

ちなみに、上段判定版の必殺技G・スマッシュ・オーバー(下画像)もガードすればG側が-4Fと、さくらの弱キックで反確をとれます。

嫌だった技3:G・スピンキック

跳び上がって回転蹴り

上の画像は、VトリガーⅠ「マキシマムプレジデント」発動中のため炎のエフェクトがかかっています。

VトリガーⅠは、すべての必殺技がLv.3になります。

トリガー引いてからやけにスピンキックとバーストを連発してくるようになりました。

スピンキックは、Lv1・2ではガードしてG側が-4Fで、めり込むと反撃をもらうリスクのある技ですが、Lv.3は-2Fなので、安全に使えます。

また、バースト(下画像)は、弱・中・強入力のどれもLv.3強版の反射性能がつきます。

連発されているだけで、どうやって近づけば良いの?状態

トリガー発動されるとさくらでどう近づいたものでしょうか。漢のにじり寄りしかないかな~(女の子だけど)

 

いちおうLv.1・2の反確の見極めを調べましたので、メモ書き。

Gの蹴りの光のエフェクトがさくらの頭にかかったら、弱キックが届きます。

まとめ

  • G・バースト(Lv.1)はガードして反確
    【反撃】弱キック>中咲桜拳、または中咲桜拳
  • G・スマッシュ・アンダーはガードして反確
    【反撃】中パンチ>振り子アッパー>大咲桜拳
  • G・スピンキック(Lv.1・2)がさくらの顔にかかったら反確
    【反撃】弱キック>中咲桜拳

動画

バイソン

G


【21日目】

【ストリートファイターV】さくらの負け日記~21日目~vs.バルログ&キャミィ
~負け日記21日目~ 休日、久々に時間に恵まれたので、優雅に名糖産業のロイヤルミルクティーでふふふん♪とのどを潤し、ランクマに繰り出したところ、 2時間後には、20敗して涙腺からロイヤルミルクティーをタレ流すことになろう...

 

トップへ戻る